PS5のコントローラー公開!フォートナイトが強くなる背面ボタンは非搭載

dualsense Gadget

PS4で純正コントローラーに背面ボタンアタッチメントを装着しフォートナイトをプレイしているエリモトです。

2020年4月8日にPS5のコントローラー”DualSense(デュアルセンス)”が公開されました。PlayStation.Blog

新コントローラーの情報が公開され知りたいのは「そう!」背面ボタンが標準で搭載されているのか!ですが、結論からいうと搭載されていませんでした。

FortniteのようなTPSやコール オブ デューティなどのFPSユーザーは、かなり期待していたのではないでしょうか。

私のフォートナイトプレイ経歴は任天堂のSwitchでジャイロ操作から始まり、PS4に移行しスティック操作さらに背面ボタン装着し今ではスティック操作+背面ボタンでしかできない筋肉になってしまっているので、朝からこの情報にテンションが下がってしまいました。

新コントローラーDualSenseの特徴

デザイン

人間工学に基づき、Xboxや任天堂Switchのプロコントローラーに似たデザインに変更されました。

PS4のコントローラー”デュアルショック”ではハンドル部分を薬指と小指で固定して握っていたのですが、PS5のコントローラー”デュアルセンス”ではXboxやSwitchのプロコントローラーのように手のひらで包み込んで固定し握る持ち方にかわりそうです。

しかしその持ち方になると気になるのが、L1とR1の短いボタン幅です。
包み込んでグリップしたときに、人差し指の第二関節までボタンの上に乗るような幅が広いボタンじゃないとかなり慣れるまでに時間がかかりそうです。

dualsense

XboxやSwitchのプロコントローラーではL1R2ボタンは幅が広く、指全体で操作できるので安定感があります。

Xbox

アナログスティック

こちらは”デュアルショック”からかわらずの位置に配置されています。

画像のみでサイズ感はわかりませんが、常時両スティックを使って操作するゲームの場合手の小さい方や子供がしっかり持てるか気になるところです。

人間工学に基づいたあらゆる手の大きさにフィットする快適性の実現にたどり着きました。

PlayStation.Blog
dualsense

Createボタン搭載

ゲームプレイを元にコンテンツを作成して共有できるなど、以前のSHAREボタンより充実した機能が可能に。

ハプティックフィードバック搭載

この技術により、車が泥道を走る時などの重いずっしりした五感に訴える触感がえらるように。

アダプティブトリガー

L2R2ボタンはアダプティブトリガーで弓矢を引き絞るときの緊張感のある動作を実感できるように。

マイク内蔵

コントローラーにマイクを内蔵することによりヘッドセットがなくても友達とボイスチャットができるように。

今後の発表に期待

PS5でゲームの世界に入り込んで没入感を味わいたいライトユーザーにとっては非常に楽しみな、とても良いコントローラーではないでしょうか。

私はバイブOFFにしたり没入感より操作性のみを求めるユーザーなので、背面ボタンやeスポーツに特化したトリガーストップなどを搭載したXbox Eliteのように上位版のコントローラーや”デュアルセンス”に装着できる背面ボタンアタッチメントなどの続報を期待したいと思います。

created by Rinker
Microsoft
¥16,199 (2021/10/25 06:03:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥4,680 (2021/10/24 23:18:28時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました